中古トラックを購入してみよう

MENU

トラックを買うなら新車か中古車か

トラックは多くの荷物や大型サイズの物、保冷を必要とするものなど、
普通乗用車では運搬が難しい物を運ぶことができる車です。

 

主に業務用として使用されることが多く、
仕事の都合でトラックを購入するケースが多く見られます。

 

もしもトラックが必要になり購入を検討した場合、
中古トラックを購入するか、新車でトラックを購入するかで迷うと思います。

 

まずは新車も中古もチェックしてみてよく両者を比較して、
中古か新車のどちらで購入するかを決めるといいでしょう。

 

まず中古トラックと新車のトラックを比較してみて思うのが、
価格面で大きな差があるということです。

 

中古トラックと新車を比較してわかるのが、
新車よりも中古トラックがかなり価格が安くなっていることに気が付きます。

 

トラックは購入するタイプによっては、
新車で購入するとかなり費用が高額になってしまいますが、
中古車トラックなら同じタイプの車でも購入価格を抑えることができます。

 

主に業務で使用するため経費で購入することになりますが、
購入費用はできるだけ抑えたいと考えた場合は、
中古トラックを選んだほうが費用負担を軽減できるのです。

 

新車はまだ誰も使用していない車ですから、
ボディから内装まで新品で傷一つない状態ですが、
中古トラックの場合はボディにも傷があり、
内装も多少汚れてしまっています。

 

普通乗用車と異なり、
業務で使用する中古トラックはどうしても汚れや傷がつきやすくなるのです。

 

新車だと傷をつけないように気を使ってしまいますが、
中古トラックならその点も気兼ねせずに乗っていただけると思います。
トラックは多くの荷物や大型サイズの物、保冷を必要とするものなど、
普通乗用車では運搬が難しい物を運ぶことができる車です。

 

主に業務用として使用されることが多く、
仕事の都合でトラックを購入するケースが多く見られます。

 

もしもトラックが必要になり購入を検討した場合、
中古トラックを購入するか、新車でトラックを購入するかで迷うと思います。
 
まずは新車も中古もチェックしてみてよく両者を比較して、
中古か新車のどちらで購入するかを決めるといいでしょう。

 

まず中古トラックと新車のトラックを比較してみて思うのが、
価格面で大きな差があるということです。

 

中古トラックと新車を比較してわかるのが、
新車よりも中古トラックがかなり価格が安くなっていることに気が付きます。

 

トラックは購入するタイプによっては、
新車で購入するとかなり費用が高額になってしまいますが、
中古車トラックなら同じタイプの車でも購入価格を抑えることができます。

 

主に業務で使用するため経費で購入することになりますが、
購入費用はできるだけ抑えたいと考えた場合は、
中古トラックを選んだほうが費用負担を軽減できるのです。

 

新車はまだ誰も使用していない車ですから、
ボディから内装まで新品で傷一つない状態ですが、
中古トラックの場合はボディにも傷があり、
内装も多少汚れてしまっています。

 

普通乗用車と異なり、
業務で使用する中古トラックはどうしても汚れや傷がつきやすくなるのです。

 

新車だと傷をつけないように気を使ってしまいますが、
中古トラックならその点も気兼ねせずに乗っていただけると思います。
トラックは多くの荷物や大型サイズの物、保冷を必要とするものなど、
普通乗用車では運搬が難しい物を運ぶことができる車です。

 

主に業務用として使用されることが多く、
仕事の都合でトラックを購入するケースが多く見られます。

 

もしもトラックが必要になり購入を検討した場合、
中古トラックを購入するか、新車でトラックを購入するかで迷うと思います。
 
まずは新車も中古もチェックしてみてよく両者を比較して、
中古か新車のどちらで購入するかを決めるといいでしょう。

 

まず中古トラックと新車のトラックを比較してみて思うのが、
価格面で大きな差があるということです。

 

中古トラックと新車を比較してわかるのが、
新車よりも中古トラックがかなり価格が安くなっていることに気が付きます。

 

トラックは購入するタイプによっては、
新車で購入するとかなり費用が高額になってしまいますが、
中古車トラックなら同じタイプの車でも購入価格を抑えることができます。

 

主に業務で使用するため経費で購入することになりますが、
購入費用はできるだけ抑えたいと考えた場合は、
中古トラックを選んだほうが費用負担を軽減できるのです。

 

新車はまだ誰も使用していない車ですから、
ボディから内装まで新品で傷一つない状態ですが、
中古トラックの場合はボディにも傷があり、
内装も多少汚れてしまっています。

 

普通乗用車と異なり、
業務で使用する中古トラックはどうしても汚れや傷がつきやすくなるのです。

 

新車だと傷をつけないように気を使ってしまいますが、
中古トラックならその点も気兼ねせずに乗っていただけると思います。
 

中古トラックは税金面でもお得

トラック購入を検討した場合、
中古トラックを購入するか、新車で購入するかで迷われる方もいらっしゃるでしょう。
中古での購入をご検討されているのであれば、中古トラックを専門に扱う業者が最近多く台頭してきているので各社で比較してみるのもよいかもしれません。
中古トラックを購入するメリットは、
車両本体の価格が安いことだと考えている方が多いですが、
メリットはそれだけではないのです。

 

費用面でメリットを受けられるのは、車両本体価格ではありません。

 

税金面でも優遇が受けられます。

 

中古トラックを購入するときには各種税金がかかってくるのですが、
その一つに自動車の取得税という税金があります。
取得税は税率が購入する車によって異なります。

 

その計算方法は課税標準税額に
残価率(自動車の経過年数から算出された掛け率)を掛けて算出されます。
それによって算出された金額に3%を掛けた金額が、取得税になります。
それなので残価率によって取得税率に差が出てくるのです。

 

新車でトラックを購入すると残価率も高くなってしまうので
自動車取得税も高くなってきてしまいます。

 

経過年数がそれなりに経っている中古トラックの場合は残価率も低くなるので、
自動車取得税も低くなるのです。

 

車を購入するときは車両本体価格だけに着目しがちですが、
それ以外にも諸々の費用がかかってくるのです。

 

さらに必要な機能や装備を付けていくと、
本体価格が上昇することも十分あり得ます。
これらにかかる費用を見落としてしまうと合計金額が多くなってしまい、
予算オーバーということになりかねません。

 

本体価格以外にかかる税金や諸費用ですが、
全部で20万円ほどかかると思いますので
中古トラックや新車でトラックを購入するときは
その点もきちんと考えた上で予算を組むといいでしょう。

更新履歴