中古トラック購入時に販売店に支払う手数料

MENU

中古トラック購入時に販売店に支払う手数料

中古トラックを購入するときは、中古トラック販売業者から購入するケースが多いと思います。
 

 

中古トラックを購入するときは、
中古トラック本体の価格にプラスして法定費用とその他手数料が別途かかってきます。

 

それらの総合計を乗り出し価格と呼ぶのですが、
中古トラック購入時に予算を組むときは
その乗り出し価格で考えておいたほうが予算オーバーになりにくいです。

 

法定費用とは税金などの車取得時に必ずかかってくる費用ですので、
それを節約することは難しいです。

 

一方で中古トラック購入時の諸手続きに関する手数料は、
販売店に支払う費用となりますので、
やり方次第では費用負担を少なくすることが可能になります。

 

販売店に支払う主な手士数料にはいくつかの種類がありますが、
名義変更も販売代理店に依頼をすると、
販売手数料を支払わなくてはいけなくなります。

 

中古トラックを販売している業者が所有者になっていますので、
それを購入者の名義に変えるためを陸運局に申請しなくてはいけません。

 

名義変更の手続きも自分で行えばその手数料を省くことができます。
中古トラックを購入してからそれを保管する場所が必要になりますので
車庫証明をとらなくてはいけません。
これも管轄の警察署に手続きを行うのですが、
販売店に依頼をすれば手数料が発生してしまいますし、
自分で行えば手数料はかかりません。

 

整備費用が別でかかることがあります。
中古トラックの場合、タイヤやバッテリーが弱っていることがありますので、
購入が決まったら部品を交換したり整備をする必要が出てきますので、
その費用がかかることがあります。