中古トラック購入時にかかる法定費用

MENU

中古トラック購入時にかかる法定費用

中古トラックを購入するとき、
ある程度予算を決めてから購入する車を絞り込んでいくと思います。

 

その時の予算ですが、車両本体の価格だけでなく
乗り出し価格で組んでおくことをおすすめします。
中古トラックに限らず新車で車を購入した時でも、必ずかかってくる費用です。
この車両本体価格以外の費用でプラス20万円ほどかかります。

 

まず車の購入で必ずかかってくる費用が、
法定費用と呼ばれる税金と保険料などです。
その内訳について詳しく見てみましょう。

 

まずは自動車購入時に強制的に加入させられる自賠責保険です。

 

自賠責保険料は車の用途や重さなどによって決められていますので、
購入する中古トラックの重さや用途によって支払う自賠責保険料も変わってきます。

 

自動車税も購入時に支払う税金となります。

 

自動車税は毎年4月1日時点の車の所有者に対して課せられる税金であり、
中古トラックを購入した場合も課税されます。

 

自動車取得税も法定費用の一種です。

 

自動車取得税とは自動車を新たに取得する際にかかってくる税金であり、
その車の車検証に記載されている車種、グレード、年式などを考慮して
課税標準基準額が決められます。
それに自動車の経過年数から算出された掛け率を掛け算することで
残価価格を計算して是税率を出していきます。

 

自動車重量税も購入時にかかる法定費用の一つです。

 

これは購入する中古トラックの重量に応じた税金が加算されますので、
重量の重い中古トラックを選べば選ぶほどに、税金も高くなります。

 

その他に消費税とリサイクル費用もかかります。