納車期間が短い中古トラック

MENU

納車期間が短い中古トラック

新車ではなく中古トラックを購入するメリットはまだまだあります。

 

一つは納車期間が短いことです。

 

たとえば今まで業務で使用していたトラックが突然故障してしまった、
事故にあってしまい使い物にならなくなってしまったりしたとします。

 

また業務で急に必要になり、
早急にトラックを用意しなくてはいけないようなことも出てくるかもしれません。

 

そうなるとトラックがないと業務に支障が出てきてしまいますので、
すぐにでも代わりとなるトラックが必要になります。

 

代わりのトラックを購入するまでレンタカーを使用するということもできるのですが、
レンタカーでも使用日数が長くなればなるほど、
費用負担が大きくなってしまいますので経済的だとは言えません。

 

それなら早めに代わりとなるトラックを購入した方がいいのです。

 

早くトラックを手に入れたい場合ですが、
中古トラックのほうが新車よりも納車までの期間が短いのです。

 

新車で購入するときは、本体に高い確率で何かしらの装備をつけます。
トラック本体にはまだマットや雨よけのバイザー、
その他いろいろな装備が付いていない状態であり、
購入が決まってからそれらの物の取り付けを行うのです。
それなので納車までに多少の時間がかかってしまいます。

 

一方で中古トラックの場合、すべて装備が最初からついた状態で販売されています。
それなので登録手続きや車検などを通してしまえばすぐに納車できるのです。

 

急いでいることを伝えれば最短で1週間前後で
中古トラックを納車してもらうことも不可能ではありません。