リースという選択肢

MENU

リースという選択肢

業務で必要なトラックは購入すると言う選択肢以外にも、
取得する方法があります。

 

トラックはリースにて手に入れることができるのです。

 

業務用で使用する備品などに関しては、
リース契約を結んでいる物が多くみられるのですが、
トラックもリースで使用することができるのです。

 

リースとはレンタルとほぼ同じで、
一定期間そのトラックを借りて使用することができます。

 

リース期間が終了してから、購入することもできますし、
そのままリース会社に返却することも選べます。

 

それなのでトラックを現時点にて必要としているけれど、
数年後は必要としているかわからないといった場合は、
購入よりもリースを選んだほうがいいかもしれません。

 

最終的に購入する可能性があるのなら、
中古トラックや新車にて購入した方がお得なのではないかと考えるかもしれませんが、
一概にもそうだとはいいきれません。

 

リースの価格の設定はそのトラックの残価価格を計算した上でリース料を決定しますので、
ローンを組むよりも月々の支払を安く済ませられるというメリットがあります。

 

ローンを組んで購入した場合ですが、
ローン会社に金利も返済時に支払わなくてはいけませんので、
最終的にリースにて購入するよりも費用負担が高くなってしまうのです。

 

またリース契約にすることによって、節税効果も期待できます。
中古トラックや新車を購入するとそれは資産として計上されるのですが、
リースの場合は経費負担として経理上計算されますので、
税金の負担を軽減できるのです。

 

トラックが必要な時は購入かリースにするかをよく考えて決めるといいでしょう。